51話 一神教と多神教


土着信仰・神道・民俗学をベースにした秋田県推しweb漫画を描いています(https://yamanosu.com)。完全版をBOOTH(https://lv3.booth.pm/)、Amazon(http://amzn.to/2obC1ih)で販売しています、のぞいて見てたんへ~

寄付アドレス→ mMZcKLSaEkASBzEjkPVFcijKkf1RpM4ZQR

  • コメント ( 1 )

  1. 秋田LV3

    名前。
    三吉霊神と書いて、みよしのおおかみ。

    神の名前は口語が先で、漢字は後からあてたものだと言われています。
    神の名前に使われる漢字が複数あるのも、漢字伝来前後のどさくさに関係があるのかもしれません。

    なぜこんなことを言い出すのかというと、ミヨシは神の基本形を読者に見せるための役割を持っているため、ミヨシ『ノオオカミ』という基本に忠実な読みになっています。

    ですが地元民として親しみやすいのは、大平山様。
    あるいは、ミヨシレイジン。

    正直、基本形とかほっぽって『ミヨシレイジン』にしていれば、読むたびに違和感を感じることもなかったなあと少しだけ後悔しています。

    1+

関連記事一覧