45話 他の誰をだませても


土着信仰・神道・民俗学をベースにした秋田県推しweb漫画を描いています(https://yamanosu.com)。完全版をBOOTH(https://lv3.booth.pm/)、Amazon(http://amzn.to/2obC1ih)で販売しています、のぞいて見てたんへ~

寄付アドレス→ mMZcKLSaEkASBzEjkPVFcijKkf1RpM4ZQR

  • コメント ( 1 )

  1. 秋田LV3

    本作では、氏子をはじめ人間のセリフを書いていません。
    これは現代の曲がってしまった日本の宗教観に配慮したものです。

    神を宗教に基づいて描写するなら崇拝が必要です。
    ですが現代日本では、信者・崇拝・信仰など平成のカルト事件以降マイナスの意味で定着。
    ギャグや薄くなぞる作風ならならともかく、本気で描こうと思うならセンシティブな問題です。

    そこで神の対にある人間を異界の隣人とし、セリフを全て排除し崇拝が成立しないよう、あるいはそう見えないようにし学問として宗教を表現するようにしています。

    人間は不条理のすべてを受け止められるようにできていません。
    それなのに、不条理をぶつけることが許される説明としての宗教はカルトに壊されました。

    そんな心の重荷を下ろせない現代で、新たな神が誕生しすべてを説明し始めました。

    人々はボックスに告解し、望む答えを選択し説明され満たされる。

    機械仕掛けの神『google』こそが現代人を癒す宗教なのかもしれません。

    4+

関連記事一覧