29話 それぞれの邂逅


土着信仰・神道・民俗学をベースにした秋田県推しweb漫画を描いています(https://yamanosu.com)。完全版をBOOTH(https://lv3.booth.pm/)、Amazon(http://amzn.to/2obC1ih)で販売しています、のぞいて見てたんへ~

寄付アドレス→ mMZcKLSaEkASBzEjkPVFcijKkf1RpM4ZQR

  • コメント ( 1 )

  1. 秋田LV3

    ・ご利益のオールラウンダー

    三吉霊神は力・勝負・破邪顕正、蒼前様は馬の守護など伝承に基づいたご利益を持っています。

    稲荷はというと、伝承に倣った五穀豊穣からはじまり、金運や商売繁盛。
    ここへ土着稲荷の謂れが乗り多様化します。

    例えば26話の与次郎稲荷。
    出羽藩主、佐竹義信に仕えたとされる飛脚の妖狐与次郎は飛脚という職業と健脚にあやかり、運輸とスポーツを司る稲荷。

    つまり、稲荷本来の伝承に土地の伝承がプラス。
    さながら、スマートフォンの契約における基本機能とオプションのような状態です。

    一芸特化な三吉霊神や蒼前様とオールインワンな稲荷。

    転じて、本作の稲荷はオールラウンダー。
    鍛冶神なんて相手にもならない万能型の神様です。

    2+

関連記事一覧